【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(09) 鳩山さんが「ロシアの資源で脱原発」と言い出したら要注意!

鳩山由紀夫元首相のクリミア半島訪問が波紋を呼びました。彼は日本政府と全く異なる「ロシアによるクリミア併合は正しい」との認識を示し、「多くの日本国民が間違った情報の下で洗脳されている」と言い切った。更に、沖縄県のアメリカ軍普天間飛行場移設に関して、「沖縄にこれ以上、基地を造らせないよう協力して」とクリミア住民に呼びかけた。はい、どう考えても完全にロシア側の思うツボです。鳩山さんの“独自外交”は、これが初めてではありません。3年前、当時の野田佳彦首相や外務省の制止を振り切り、民主党の外交担当最高顧問(且つ元首相)としてイランを訪問。強硬派のアフマディネジャド大統領と会談した結果、イラン政府の公式サイトに「鳩山氏は核兵器不拡散条約(NPT)や国際原子力機関(IAEA)の不平等性を批判し、イランの主張に理解を示した」という内容がアップロードされました。後に鳩山さんはこれを否定したものの、イランの核開発を正当化するカードとしてまんまと使われたことは、100%事実です。そして、今回のクリミア訪問。ロシアは旧ソ連時代からイランの核開発を助け、武器を売りつけてきた。そのイランと一緒に、シリア内戦では非人道的なアサド政権をバックアップ。また、イランはレバノンのシーア派過激組織『ヒズボラ』も支援し、イスラエルを攻撃するプロクシー(代理人)として利用している。

鳩山さんが主張するように、仮に日本がアメリカに寄り過ぎているとしても、その対抗カードがロシアやイランの強硬反米政権ですか? ロシア側の演出で目にした都合のいい“クリミアの現実”に乗っかって、感銘を受けちゃっていいんですか? 実は、アメリカでも最近似たような動きがありました。オバマ政権とイランの穏健派政権が対話を深め、核開発問題の枠組み合意形成が目前になったところで、野党である共和党の上院議員47人がイラン指導部宛てに、「任期があと2年足らずのオバマ大統領ではなく、我々と話をしろ」という内容の書簡を送りつけた。露骨な横槍です。ただ、両者の違いはその目的。共和党は来年秋の大統領選を見越した実務的な意味合いが大きいけれど、鳩山さんは「“平和の使者”としてロシアに近づけば、人類のためになる」と心底信じているとしか思えない。




僕がプーチン大統領なら、鳩山さんに対して北方領土返還をチラつかせながら、サハリンからのパイプラインで日本へ天然ガスを安価で提供することを提案します。「ロシアのガスで是非、脱原発を実現してください」とでも言えば、鳩山さんなら目を輝かせて飛びつくでしょう。若しかすると、菅直人さんや小沢一郎さんもついてくるかも(笑)。ただ、ロシアは2004年にウクライナ大統領選で親欧米派が勝った際、対抗措置として天然ガスの料金を2倍以上に引き上げ、その後の供給を大幅に減らした“前科”がある(当時は第1次プーチン政権)。この影響で、ウクライナ経由でガスを輸入していたEU諸国も、エネルギー政策の転換を模索せざるを得なくなりました。ロシアにエネルギーを依存するというのはそういうこと。鳩山さんが「ロシアの資源で脱原発」とか言いだしたら要注意ですよ。


Morley Robertson 1963年生まれ、ニューヨーク出身。父はアメリカ人、母は日本人。東京大学理科一類に日本語受験で現役合格するも3ヵ月で中退し、ハーバード大学で電子音楽を学ぶ。卒業後はミュージシャン・国際ジャーナリスト・ラジオDJとして活動。現在、BSスカパー!『NEWSザップ!』、ニコニコ生放送『モーリー・ロバートソンチャンネル』、Block.FM『Morley Robertson Show』等にレギュラー出演中。


キャプチャ  2015年4月6日号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR