【変見自在】 恥ずかしいドイツ

ドイツ人が「次はイタ公抜きでやろうぜ」と言った理由の1つは、イタリア軍があまりにも弱かったことが挙げられる。先の大戦でも、ムッソリーニは「鎧袖一触」とか大風呂敷を広げてギリシャに侵攻したが、逆にギリシャ軍に叩きのめされてしまう。ヒトラーは「しょうがない」と急ぎ軍を振り向け、3週間後にはアテネのアクロポリスの丘を制していた。丘に翻るギリシャ王国旗を下し、代わりにドイツの旗を掲げるようにギリシャ人衛兵に命じたが、彼は拒み、崖から身を投じた。このエピソードが示すように、ギリシャ側の抵抗はヒトラーも感嘆するほど激しかった。レジスタンスの抵抗も続いたが、ドイツ軍はそれには恐怖で応じた。ドイツ兵が1人殺されると、報復として、嘗てのローマ軍と同じように『デシメイト(十分の一刑)』をやった。付近の村の民を1列に並ばせ、10人に1人を選び出して処刑していった。ドイツ兵の犠牲が大きい場合は、その村丸ごとの虐殺も厭わなかった。デルフォイの遺跡に近い街では、281人が処刑された。

彼らはまた、フビライの軍隊のように略奪も好んだ。燃料も食糧も奪った上、ギリシャ銀行から5億マルク(現在の金額にして約1兆4000億円)を無利子・催促無しで借り出している。女も略奪した。フランツ・ザイトナーの『売春・同性愛・自己毀損 ドイツ衛生指導の諸問題』に依ると、ドイツ軍は500ヵ所以上の性サービス施設を作り、ギリシャ・ポーランド・ユーゴスラビア等から掻き集めた女を繋いで、将兵らに性のサービスをさせた。「彼女らをどんどん酷使せよ。できるだけ早く除去できれば尚良い」というのが“ナチの方針”だったとある。彼女らには真面な対価も支払われず、性病感染の予防等の衛生管理すら施されなかった。彼らは行く先々でユダヤ人らを狩り出しては、ヒトラーの言う“最終解決”を進め、ドイツ市民も嬉々としてそれに協力した。ドイツ人は、今のISIS(別名:イスラム国)と寸分変わらなかった。しかし、彼らは戦後、「我々もヒトラーの犠牲者だ」と言い出し、当時のブラント首相がワルシャワのゲットーで跪いたことで、国民の2割を占めるナチ党員らの責任は全て許されたことにした。ドイツ軍が侵略した国々には雀の涙ほどの賠償金を払って、これも「後腐れ無く終わった」と主張している。雀の涙がどれほどか。例えば、ギリシャには1億1500万マルクが支払われたが、これはギリシャ銀行から持ち出した額の4分の1にもならない。各地での虐殺被害や徴発された数千の性奴隷への償いも一切無かった。




こういうのを「無責任」とヒトは言うが、例えば首相のメルケルも、嘘が得意の『フランクフルターアルゲマイネ』紙特派員のカルステン・ゲルミスも、そうは思っていない。「我々はきちんと歴史に向き合って償ってきた」と昂然、言い放つ。それどころか、ゲルミスは吉田清治の嘘を元に、20万人慰安婦強制連行を言う朴槿恵の肩を持って、「安倍が歴史を改竄した」「日本は孤立する」とか書く。この男は、東京に5年いて何を取材したのか? 朝日新聞の社長が吉田清治の嘘でクビになり、吉田の嘘を振り撒いた清田治史が大学教授の職を辞し、植村隆もまた世間の指弾を浴びた。それに目を瞑り、ヒルシャー以来のドイツ特派員の伝統である「日本を叩け」記事を繰り返す。それなら国にいても書けるだろうに。そんな不遜なドイツに対してギリシャが、「先の戦争で蒙った被害は2790億ユーロ(約36兆円)になる」との試算を先日公表した。ギリシャはそれを請求する意向だが、メルケルは昔の雀の涙ほどの賠償で、「ギリシャへの義務は済んだ」を繰り返すだけだ。因みに、「ギリシャがデフォルトに陥る」とか騒がれる債務はたった15億ユーロ。ドイツが銀行借り出し分だけでも返せばお釣りが来る。ドイツは今こそ歴史を直視し、頭を下げるがいい。そして、二度と日本に謂われない因縁をつけるでない。


高山正之(たかやま・まさゆき) ジャーナリスト・コラムニスト・元産経新聞記者・元帝京大学教授。1942年、東京都生まれ。東京都立大学法経学部法学科卒業後、産経新聞社に入社。警視庁クラブ・羽田クラブ詰・夕刊フジ記者を経て、産経新聞社会部次長(デスク)。1985~1987年までテヘラン支局長。1992~1996年までロサンゼルス支局長。産経新聞社を定年退職後、2001~2007年3月まで帝京大学教授を務める。『高山正之が米国・支那・韓国・朝日を斬る 日本人をますます元気にする本』(テーミス)・『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』(ワック)等著書多数。


キャプチャ  2015年6月18日号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR