【日本再生】 安吾の戦争観

「え、これでいいの? これではいくらなんでも……」と思った。何が変といって、安保法制の国会審議のやり方だ。これまで、日本の安全保障は“9条一本槍”で来た。その考え方(9条の解釈には相当の幅があったが)を根本から変えることになるというのに、審議時間の総体が80数時間しか取れていない。しかも全体を2本に分け、1本は総論、もう1本は関連法案10本の改正案を纏めた相乗り法案。安倍首相は記者会見で、「これで切れ目の無い安全保障体制ができた」と盛んに自画自賛してみせたが、そんなことが自慢になるのか? 切れ目の無さより大切なのは“わかり易さ”である。10本の相乗り法案という複雑過ぎる構造を持った法案は、どう頑張ってもわかり易くなる筈がない。朝日新聞の『安保法制 議員の妻もわからなかった』の記事は、この法案のわかり難さを見事に表現している。

「全然わからなかった」という話だった――。麻生太郎財務相は14日、国会議員の妻から安全保障法制について説明するように言われ、法案作成を主導した政府高官を派遣したところ、こんな反応だったことを明らかにした。自民党麻生派の会合で明かした。麻生氏は所属議員を前に「皆さん方の奥様に『この問題で全然地元で説明できない』と言われた」ことを紹介。当初は国会議員が説明しようとしたが、都合が悪くなり、安保法制を作った専門家中の専門家の兼原信克・内閣官房副長官補が代わりに説明した。だが、反応は「全然わからなかった」だったという。麻生氏は所属議員に「有権者、後援会の方々に丁寧に説明して頂けるよう努力していただきたい」と呼びかけた。

『朝日新聞』2015年5月15日付朝刊4面

「全然わからない説明しかできない専門家って、一体何なんだ」と言いたい。そういう専門家が作った安保法案が、果たして妥当なものかどうか。私もこの日(5月15日)の新聞(読売・朝日・毎日・日経)が安保法制の全体像を伝えるところを各紙読み比べてみたが、“わかり易い”というものは1つも無かった。各紙とも相当の紙数を割いて、あれこれと解説を連ねていたが、どれ1つとしてわかり易いものは無かった。法案を作った官僚自身が解説しても、「全然わからなかった」と言われてしまうくらいの出来上がりだから、それも無理無いと言える。ここで安倍首相としては、官僚に責任を取らせて法案を作り直させるという手もあるが、その場合は安倍首相の責任も問われることになろう。政治的に難しい判断だ。

最近、若い人の間で“坂口安吾”が再び読まれ出しているという。安吾が著作権切れになって、各社無料で利用できるようになったということもあるだろうが、その独特の語り口と話術の巧みさに人気の秘密があるのだろう。安吾は堕落論・人間論・社会論で知られるが、意外に戦争論・安全保障論が面白い。安全保障論でわかり易いのは、『もう軍備はいらない』の次の行だ。

人に無理強いされた憲法だと云うが、拙者は戦争はいたしません、というのはこの一条に限って全く世界一の憲法さ。戦争はキ印かバカがするものにきまっているのだ。四等国が超Aクラスの軍備をととのえて目の玉だけギョロつかせて威張り返って睨めまわしているのも滑稽だが、四等国が四等国なみの軍備をととのえそれで一人前の体裁がととのったつもりでいるのも同じように滑稽である。

この時期、日本には憲法改正論・再軍備論が生まれていたが、安吾は「そんなものは纏めていらない」と言っている。『もう軍備はいらない』が発表されたのは『文學界』1952年10月号だから、講和条約が発効して間もなくの頃である。歴史的事実としては、講和条約調印と共に日米安保条約が別室で結ばれ、日本は以後冷戦体制下、アメリカの政治的・軍事的一翼を担うことになる。




安吾は、こんな言い方もしている。

自分が国防のない国へ攻めこんだあげくに負けて無腰にされながら、今や国防と軍隊の必要を説き、どこかに攻めこんでくる兇悪犯人が居るような云い方はヨタモンのチンピラどもの言いぐさに似てるな。ブタ箱から出てきた足でさッそくドスをのむ奴の言いぐさだ。

日本の再軍備論の場合、その基本的根拠はここに「ヨタモンのチンピラどもの言いぐさ」とされていることに殆ど一致している。安倍首相の場合、更に厄介なのは、お爺ちゃんが東条内閣の閣僚で開戦詔書にサインもした人物で、戦後はA級戦犯の被疑者とされ、無罪釈放となった後で総理大臣になって再軍備も唱えた人物だから、正しくここに言う「ブタ箱から出てきた足でさッそくドスをのむ奴」という描写にぴったりの人物ということになる。岸元首相の孫という、これまで名門家系の出という安倍首相の売りのポイントとされてきたことが、俄かに逆の評価も受けかねない時代になったということだ。「戦争というものの現実について、安吾並みのリアルな認識が持てない者には、政治家であろうと誰であろうと、安保法制や戦争等についてエラそうな口を利いてもらいたくない」と私は思う。

戦争にも正義があるし、大義名分があるというようなことは大ウソである。戦争とは人を殺すだけのことでしかないのである。


私は安倍首相が戦争をしたがっている人とは全く思わないが、安吾ほどに戦争に対する強い強い怒りを持っている人とも思えないのは何故なのだろうか? 坂口安吾の文章に今の若い人がショックを受けるのは、そこに、戦争のあっちにもこっちにも死体がゴロゴロ転がっていた日常風景の中で醸成された、ある種のニヒリズムが今も色濃く漂っているからだろう。

原子バクダンの被害写真が流行しているので、私も買った。ひどいと思った。/しかし、戦争なら、どんな武器を用いたって仕様がないじゃないか、なぜヒロシマやナガサキだけがいけないのだ。いけないのは、原子バクダンじゃなくて、戦争なんだ。/東京だってヒドかったね。ショーバイ柄もあったが、空襲のたび、まだ燃えている焼跡を歩きまわるのがあのころの私の日課のようなものであった。公園の大きな空壕の中や、劇場や地下室の中で、何千という人たちが一かたまり折り重なって私の目の前でまだいぶっ(燻)ていたね。

オレの手に原子バクダンがあれば、むろん敵の頭の上でそれをいきなりバクハツさせてやったろう。何千という一かたまりの焼死体や、コンクリのカケラと一しょにねじきれた血まみれのクビが路にころがっているのを見ても、あのころは全然不感症だった。美も醜もない。死臭すら存在しない。屍体のかたわらで平然とベントーも食えたであろう。

このような血まみれの実体験を背景に、安吾が喉の奥から絞り出してくる奔流のような言葉を前にすると、安倍首相とその官僚的スピーチライターたちが繰り出してくる尤もらしい言葉の数々は如何にもウソっぽく聞こえるし、真剣みに欠けた議論としか聞こえない。目の前で燻る屍体を見たことがある人が言葉に与えられる重みは、遥かに重い。 (評論家 立花隆)


キャプチャ  2015年7月号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR