【管見妄語】 救われない談話

イギリスで活躍する作家のカズオ・イシグロの『白熱教室』をテレビで視聴した。学生を前に自作や小説論を語ったが、一流作家ならではの言葉の力を感じた。その中で彼は、挿話としてドゴール将軍に触れた。第2次世界大戦中、ドイツ軍に占領されたフランスでは、愛国者やユダヤ人や共産主義者に依るレジスタンス運動が盛んだったが、一方で多くのフランス人がナチスの協力者となり、レジスタンス闘士をナチスに密告した。どの村にもそんな者がいて、村人は皆、誰がどうやって闘士をナチスに売ったか知っていた。ロンドンで自由フランス政府を率い、母国でのレジスタンス運動を指揮していたドゴールは、終戦後に帰国するや、1つの話を創った。「全フランス国民がナチスに対し勇敢に戦った」というストーリーである。被占領時の苦衷の記憶を払拭しない限り、フランスは瓦解すると考えたのである。今も、多くのフランス人はこのストーリーを信じている。個人においても社会においても、辛い記憶をいつ忘れ、いつ思い出すかは複雑な永遠の課題という話だった。

戦後70年を記念して、安倍首相は談話を出すという。戦後50年の村山談話と戦後60年の小泉談話には、粗同文で「植民地支配と侵略に対する痛切な反省と心からのお詫び」が含まれていたが、今回も入るかが焦点だ。国論は「入れろ」「入れるな」で二分され、中韓は例に依って「入れろ」の連呼、アメリカの政府高官までが入れることを期待する声明――と騒がしい。中韓は、「良心の強い日本人は、罪の意識を再認識する度に怯むから、様々の外交交渉で優位に立てる」との損得計算から言うに過ぎない。問題は、軍事上の無二の盟友であるアメリカだ。反省と謝罪を入れることは、GHQの作った極東裁判史観(即ち、前大戦は“ファシズムvs民主主義”の戦いであり、2発の原爆は、世界制覇を狙う残忍な日本軍のアジア侵略を早期に阻止する為に不可欠)という筋書きを認めることだ。無撃の民20万人を瞬時に殺戮し尽くすという、古今未曾有の犯罪を正当化する必要のあったアメリカに依る“ドゴール的ストーリー”なのだ。更にそれは、日本を自らの力で自国すら守れないようにすることで属国とするという、アメリカに最大の利益を齎してきた戦後体制の正当性を支える柱でもある。中韓の損得計算とは異なり本質的だから、アメリカは今後もずっと日本に反省と謝罪を求め続けることになる。




安倍首相の本音は、予てから“戦後体制からの脱却”である。これは、GHQ史観からの脱却と同等である。「日本人は、歴史的に見ても平和愛好にかけてどの国も負けない。誰もが前の戦争を深く反省している。ただ、あまりにも一方的なアメリカのストーリーに項垂れてばかりいては、力強い発展はままならない」――と首相は考えている筈だ。アメリカが、親米的な安倍首相に対し斯くも神経を尖らせるのはこの為だ。村山談話は、内容は兎も角、半世紀の節目として出してよいタイミングだったが、小泉談話は不要だったし、今回も同様だ。何の為に出すのか皆目わからない。曖昧な内容のものになろうが、それでは国内右派から失望を表明され、国内左派と中韓からは激しく批判される。欧米からも“歴史修正主義者”と批判されかねず、少なくとも落胆を表明される。戦後体制とは戦勝国体制であり、世界の主役は未だに戦勝国の米・英・仏・露・中なのだ。だからこそ、GHQ史観への挑戦どころか精査すら世界は許そうとしない。全ての戦争責任をナチスに転嫁した上で反省している敗戦国のドイツも、日本を強く批判することで自国の反省ぶりを世界に印象付けようとする筈だ。この談話は、どちらに転んでも救われない。抑々、世界にはこれまでに数多くの戦争がありながら、何故に第2次世界大戦後の日本だけが10年毎に反省と謝罪を、というより談話を出さねばならないのか。実に不思議である。


藤原正彦(ふじわら・まさひこ) 数学者・お茶の水女子大学名誉教授。1943年、満州国生まれ。東京大学理学部数学科卒。同大学院理学系研究科修士課程数学専攻修了。ミシガン大学研究員・コロラド大学ボルダー校助教授等を経て現職。著書に『藤原正彦の人生案内』(中央公論新社)・『この国のけじめ』(文藝春秋)等。


キャプチャ  2015年8月6日号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 安倍政権
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR