【日本再生】 あの夏の記憶

半藤一利さんの『日本のいちばん長い日』が再映画化されたので、試写会に行ってきた。前にこの作品が東宝で映画化された時も見ており、中々の作品だと思った。しかしその後、『天皇と東大』を書く中で、あの終戦に至る現実過程がどれほど複雑なものであったかを具に知るようになり、あの映画にも不満を持つようになった。更に、今回のリメイク。現場の映画制作者たちの粗全員が戦争を知らない世代であることを知り、「大丈夫かいな」と思いつつ見た。部分部分で努力の跡は認めるものの、全体としてイマイチだった。役者にしても、役所広司・山崎努・堤真一には努力賞が与えられるが、本木雅弘の昭和天皇と松坂桃李の青年将校は疑問続出だ。山崎努は役作りの為に、鈴木貫太郎の生家や墓の辺りを訪ね歩いたというが、実は数年前に私も歴史研究目的であの辺りをウロウロした。今、あの辺は来訪者も殆ど来ない小さなミュージアム(鈴木貫太郎記念館)になっている。このミュージアムで最大の見ものになっているのが、あの戦争を終わらせた最後の御前会議を具に描いた白川一郎画伯の絵だ。あの御前会議は近代史上、明治維新と同じくらい重要な歴史的シーンでありながら、公式には誰も記録していない。後で出席者たちの記憶の照合をしたので、内容的には粗復元されているようだが、画像的には一切記録が無い。写真1枚無い。

しかし、「あの御前会議の正確な画像記録が絶対にあるべし」と考えた白川画伯が、戦後17年も経ってから宮内省の協力を得て、現場を精密に記録し直した。出席者を1人ひとり回って、記憶の繋ぎ合わせを丹念に行った。あの会議の席上、誰がどのような服を着て、どのように並んだかを1つひとつ調べ上げた。その上で、300号の大きな絵に仕上げていった。その全てのプロセスを、本誌1969年12月号に、『“最後の御前会議”を再現する』という9ページもの手記に纏めている。この絵は、インターネットで検索すれば直ぐに見ることができる。あの絵は私は前から知っていたが、描かれたプロセスを十分に知らなかったので、「画伯はちょっとした記憶の突き合わせをしただけで、後は絵描きの想像力で補ったのだろう」と思っていたら、とんでもない。「そこまでやったのか」と驚嘆する他ないような集団的且つ物質的記憶の再現(絨毯の繊維の採取分析等)までやっていたのである。この手記を読んでから、「あの絵で、御前会議は殆どリアルに光線の具合まで再現されていると考えてよいのではないか」と思っている。この後できることといえば、あの御前会議が開かれた地下室全体をミュージアムとして再現公開することである。日本という国家は、あそこで完全に生まれ変わったのである。天皇制も生まれ変わったのである。明治憲法国家は、ある意味あそこで滅び、昭和憲法国家への移行があの御前会議の御聖断と共に始まっている。現代日本の出発点は、全てあの御前会議での天皇の決断と共にある。その歴史的瞬間を記念する為にも、私はあの決断がなされた皇居の地下に今もある吹上御文庫附属室と、それに続けて玉音放送の録音がなされた宮内省政務室とを、一体型のミュージアムとして完全公開すべきだと考えている。そして、それ全体を世界遺産に申請すべきだろう。この過程を通じて、世界一の“戦争国家”が世界一の“平和国家”に生まれ変わったのである。安倍首相の唱える安保法案の効用とその積極的平和主義なるものは、日本国内においても国際的にも十分な理解が得られているとはいい難いが、こちらなら国内においても国際社会においても、圧倒的な賛同が得られるだろうと思う。




「そんなことができるのか」と言えば、できる。また、すべきである。いいお手本がロンドンにある。ロンドンの中心部にある首相官邸は、“ダウニング街10番地”と住所で呼ばれるハウスだが、今でも代々の首相がそこに住んで執務している。戦時中も、あそこが首相官邸として使われ、機能していた。そして、地下首相執務室の直ぐ隣の大きな部屋が、“マップルーム”と呼ばれる参謀本部と直結した、世界の全ての関係戦場の詳細を図解した通信連絡本部ともなっていた。その一角(トイレの中)にはアメリカのルーズベルト大統領との直通電話が引かれ、いつでも内密の話ができるようになっていた。そして、この隣は関係閣僚がいつでも集って会議できるキャビネットウォールームとなっていた。要するに、この一角に国家の政治と行政と軍事の中枢が集中しており、そこにチャーチルが陣取って、あの戦争の全てを指揮していたのだ。その全てが、今や巨大なミュージアムになり、世界中の人が見物に押しかけている。日本人はイギリスに行ったら、この戦時閣僚会議室・マップルーム・チャーチルミュージアム等の見学にたっぷり1日を費やすべきだ。それくらいの中身がある(全体が『大英帝国戦争博物館』の一部となっている)。見終わる頃には、「日本があの戦争に完敗したのも当然だ」と思う筈だ。それくらいの驚くべき高機能複合体がそこに現出している。日本はあの戦争にあれだけ 負けた後も、未だにちゃんとした反省が無い。何故、あれほど負けたのか? あれだけ負けるなら、なぜやったのか? 途中で異なる方向への転換が何故できなかったのか? そういった反省無しに、いきなり一挙11本もの安保法案を強行採決で取り揃えてしまうような乱暴を続けていたら、また戦争をしても大敗北を喫するだけだろう。

ミズーリ号上で、日本国を代表して降伏文書にサインしたのは、誰でも知るように、政府代表が重光葵、軍の代表が梅津美治郎参謀総長である。あの時、梅津に付き従っていたもう1人の武官がいる。参謀本部作戦部長の宮崎周一中将。相当詳しい日記を最晩年までつけていた人として著名。平成15年に終戦前後の部分が公開された。その昭和20年9月1日の項に、「梅津の随員を命じられた時、天皇から呼ばれて、『倫快ならざる大任、心中の苦哀を察す』と言われた」とある。陸軍は大分前から内部崩壊状態にあった。8月15日には、「未訓練ノ将兵ナレハ逃亡頻出ス軍紀ヲ奈何セン」の記述もある。その数日前、8月8日の項には、「広島に於ける原子爆弾の被害は意外に大なる模様なり技術的にも約半世紀ノ間隙ヲ生セル感アリ」とある。陸軍には、日本が完壁な敗北を遂げつつあることが自覚できるだけの情報力が残っていたのだ。今の日本の政府中枢の情報力はどうなのか。急激な支持率の低下にオタオタしている状況を見ると、つい暫く前まで磐石の政治力を誇っていた安倍政権が、何故今この体たらくと思う。嘗て、自民党の黄金時代に“希代の寝業師”と謳われた川島正次郎副総裁の吐いた名言、「政界は一寸先は闇」を懐かしく思い出した。政界に磐石は無いのだ。だからこそ、政治は面白い。次の選挙から、18~19歳の若者たちが有権者にドッと入ってくる。その刺激を受けて、国家機能中枢にも若い人々の血と脳が入ってくるような変化を期待したい。 (評論家 立花隆)


キャプチャ  2015年9月号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 戦争
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR