増える“庭ない保育園”…代わりの公園大混雑、室内で鉄棒・ヨガ

待機児童の解消に向けて、保育園の増設が相次ぐ首都圏で、園庭のないところが増えている。園庭の代わりに利用する公園は大混雑で、時間をずらして利用するケースも。子どもの体力づくりに欠かせない遊び場所をどう確保するか、現場では模索が続いている。

「みんなが後から『入れて』だよ」。横浜市鶴見区の芦穂崎公園で、認可保育所『ビーンズ保育園』の保育士が声をかけた。約40人の園児は「はーい」と返事し、一斉に走り出した。園児たちが公園に着いた午前10時すぎ、他の2園の園児計約20人が先に遊んでいた。幼い子ども向けの遊具と砂場は満員。保育士がその2カ所は「バツ」と伝えると、遊びたくても近付かない。思い切りブランコをこいでいても、小さい子が歩いてきたらすぐ止める。他の園と一緒に遊ぶ園児たちのルールだ。






待機児童解消を目指し、保育園の新設に力を入れる横浜市。所定の広さの園庭が確保できない場合は、徒歩5分程度の公園を園庭の代わりに指定するよう定めている。だが、どこを指定するのかを近隣の園や町内会に説明する必要はなく、行政が調整することもない。人口増加が続いている鶴見区では、ここ数年で園庭のない“駅チカ”保育園が一気に増えた。駅に近い芦穂崎公園では5園がバッティングすることも。後から来た園が別の公園に移動したり、遊具を使う時間を区切ったりしてやりくりしている。ビル3階にあるビーンズ保育園にとって、園児が外で思い切り走れる時間は貴重だ。勝野健治園長は「これ以上園が増えたらどうなるのか。園庭のない園を認めるなら、行政には遊び場も整備してもらいたい」

公園に園児があふれる光景は東京も同じだ。中央区の月島地区では保育園10園のうち8園に庭がなく、5園が月島第一児童公園を園庭代わりにしている。その一つ、タワーマンションの2階にある認可保育所『太陽の子月島保育園』は年齢別に出発時間をずらして外に出る。公園がいっぱいのときは別の公園を目指すが、そこにも入れず散歩して帰ることもある。公園が少ない場所に高層マンションが林立する江東区や港区などでも同様の現象が起きている。港区芝浦のある保育所は近くに土のある公園がなく、マンションや公共施設が入るビルの前のタイル張りの広場を園庭に指定している。首都圏で太陽の子保育園を運営する長谷川興産の熊田幸一郎・保育事業部次長は「保護者の園庭へのニーズは高いが、事業者の努力だけでは応えられない地域の課題だ」と話す。

地価が高く、園庭を確保するのが困難な中、東京都新宿区は区立江戸川小の空き教室を『保育ルームえどがわ園』として活用。園児は週2日、45分ずつ校庭を使っている。学校も、この時間帯に児童が校庭に出ないように時間割りを組んでいる。中央区では今夏、庭のない園への区立保育園の庭の開放を始めた。室内の運動に力を入れる動きもある。全国で保育園を営むJPホールディングス(東京)は、園児専門の体育講師を各園に派遣し、1歳以上に週1回、運動講座を実施する。組み体操やヨガで体幹を鍛え、縄やボール・室内用の鉄棒などでゲームをしながら運動量を増やす。だが、講師養成を担当する六本木菊芳さんは「室内で工夫しても、屋外のわずかなでこぼこでつまずく子もいる。バランスを取る力を養うには、やはり外で走り回ることが必要」と指摘する。

子どもの発育に詳しい日本幼児体育学会会長の前橋明・早稲田大教授(子どもの健康福祉学)によると、幼児の健全育成の目安とされる1日の歩数は8000~1万歩。だが、2009年に都内の2園を対象に5日間行った調査など近年の調査では5000歩台が多い。約1万2000歩だった約30年前の4割程度に減った。「歩くのは運動の基本、走るのは運動の主役」と前橋教授。近年、走っても腕が振れずひざが上がらない子どもが増えているのは、歩数の減少と関係しているとみる。英語やリトミックのレッスンを組み込むために体を動かして遊ぶ時間が減ったことなども原因という。前橋教授は「園庭を設置できない園が増える中、限られた資源をどう生かし、子どもの成長を促していくか。保育者の工夫や行政の支援が求められている」と指摘する。 (木下こゆる・壱田和華子)


保育園の園庭 国は認可保育所の庭について、2歳以上の子ども1人あたり3.3㎡を確保できない場合、付近の公園などで代替できると定める。自治体が独自の基準で設置している『横浜保育室』や『東京都認証保育所』も公園などで代替できる。


キャプチャ  2014年9月17日付夕刊掲載
スポンサーサイト
Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR