【働きかたNext】第7部・女性が創る(04) フィリピンは“先進国”――家事、他人とシェア

共働きが主流になった日本。家事や育児を抱えて働く女性に、「頑張れ」と言うだけではあまりに無責任だ。負担を分け合う新たな仕組みが要る。ヒントの1つがアジアにある。フィリピンのセブ島。4歳と7歳の子を持つシングルマザーの佐藤ひろこ(36)は、観光情報誌を発行する経営者だ。現地のマッサージ店に勤めていた2007年に、「日本人向け情報が少ない」と立ち上げた。ホテルとの打ち合わせ・英会話学校とのイベント企画・社内ミーティング…。各地を目まぐるしく動き、帰宅は午後8時を過ぎることも多い。仕事に集中できるのは、2人のフィリピン人メイドが子供の世話や家事をしてくれる為だ。費用は月に3万円程度かかるが、「ここでは働く女性がメイドを使うのは一般的」。世界経済フォーラムが調べた女性管理職比率は、日本は11%なのにフィリピンは48%。世界トップクラスの原動力は、家事の代行や育児支援サービスにある。日本では、家事や育児を他人に委ねることに否定的な風潮が強い。経済産業省が昨年6月に25~44歳の女性に聞いた調査では、家事代行サービスの利用経験がある人は僅か3%だった。だが、急速に広がる日本企業の海外展開が、そんな意識を変えるかもしれない。『住友商事』に勤める出浦直子(33)は昨年12月、赴任先のタイで長男を出産した。日本では1年程度の育児休業を取るのが一般的だが、出浦は0歳児保育を使い、8週間で職場復帰した。「タイでは当たり前。同僚も同じように働いており、不安はなかった」。来月からは、会社が新設した補助でベビーシッターを雇う。

外国人に家事を委ねる機運は、国内でも出てきている。医療シンクタンクに勤める土井甲子(31)は6月初旬の休日、家事代行マッチングサイト『タスカジ』を使い、フィリピン人ハウスキーパーに自宅の掃除を頼んだ。「次は何をしましょうか?」。夫が日本人で永住権を持つロドラ(39)は日本語で土井の指示を仰ぎ、居間や風呂場を掃除していく。その間、2歳の長男と遊んだ土井は、「子供と沢山触れ合えて、心に余裕ができた」。日本人キーパーも選べたが、「子供が英語に触れる良い機会」と敢えて外国人にしたという。昨年7月に開業したタスカジの利用者は既に1500人。料金は1時間1500円からと、3000円程度かかる他の家事代行より割安だ。取り次ぎに徹し、自社でハウスキーパーを抱えないので安くなるという。コストをかけずに子育てを助け合う動きもある。代官山にあるシェアハウス『スタイリオウィズ代官山』は、20~30代のシングルマザー5世帯・単身者8世帯が大家族のように暮らす。「買い物に行くから、ちょっと子供を見てて」。リビングで母親が互いに簡単な仕事を頼むことで、子育ての負担を軽くする。家賃はワンルームで9万~11万円。近隣マンションと変わらない。家事の担い手不足を家庭の中で解決するのは限界がある。家の外と家事を分け合う様々な形を創ることが、働く女性を輝かせる。 《敬称略》




海外展開が進む日本企業。小さな子供を育てながら働くママも、海外に赴任する時代になってきた。『日産自動車』の小林千恵さん(47)は、同社で初めて子供を連れて海外に出たママ社員。2005年に当時7歳と1歳の子供2人を連れてブラジルに赴任した。日本語がわかる日系人ベビーシッターを人伝手で見つけ、自腹で月額5万円の日系人ドライバーを雇った。現地ではマネジャーとして、事業計画と商品企画を担当。時差がある日本との電話会議が深夜になる等、体力的にはきつかったが、「本社・工場・販売現場を全て見ることができ、得難い経験になった」と話す。小林さんは現在、人材の多様化を推進するダイバーシティディベロップメントオフィスの室長だ。社内の研修では、「工夫次第でやりたい仕事ができる環境は作れる」と参加した女性社員に語りかける。小林さんの赴任から10年。同社で海外駐在するワーキングマザーは10人誕生した。「『途上国は危ない』『子供がいるから』等と海外を諦めてしまうのはもったいない」。国際交流基金で日本語教育や文化交流を担当する後藤愛さん(35)は話す。自身は、2012年から当時1歳の長男を連れてインドネシアに駐在。信頼できるベビーシッターが5人目で漸く見つかる等の苦労もあったが、「助けを得れば、寧ろ日本より働き易い」と今は実感している。小さな子がいるママ社員は海外赴任の対象外――そんな企業の考え方は急速に変わりつつある。

               ◇

フィリピンは、管理職比率が男女粗半々というアジアでナンバーワンの“女性活躍先進国”だ。その秘密を探ると、仕事と育児の両立の仕方が日本とは大きく異なっている実態が浮かび上がった。

「フィリピンでは、“女性活用”を意識することがない」。マニラの日系IT企業『アドバンスドワールドシステムズ』副社長のリザベス・オンコロさん(40)は笑う。『世界経済フォーラム』のジェンダーギャップ指数(2014年)ではアジアトップ。世界でも9位だ。女性管理職比率は48%に上り、どこへ行っても第一線で働く女性がいる。“女性活用”を政権が目標に掲げる日本と異なり、態々意識する必要もないという訳だ。フィリピン最大手銀行『BDOユニバンク』で管理職を務める女性は、「支店長の7割強が女性。性別がわからない人にメールを出す時は、取り敢えず(女性宛ての)“Ms.”を使う」と教えてくれた。そんなフィリピン女性たちを支えるのは、家事や育児を任せるメイドの存在だ。オンコロさんの家には、住み込みの2人のメイドがいる。ベビーシッターと家事手伝いだ。午後7~8時過ぎに帰宅すると、掃除や食事の支度は終わっている。シッターはずっと子供の傍にいるので、保育園の迎えの時間に焦ることもない。帰宅後はゆっくりと子供と向き合い、話に耳を傾けることができるのが喜びだという。彼女にとって2人は“大切なサポートチーム”だという。「親戚がいれば親戚に。近くに誰もいなければ、人を雇うのは自然なこと。必要な手助けは受け入れるべきだ」とオンコロさん。日本では、家事や育児の“外注”には批判の声も出易い。しかし、フィリピンでは親戚やメイドに頼んで働くのは、中流以下の家庭でも珍しくない。

雇われる側のメイドにはどんな事情があるのだろうか? セブ島で日本人向け観光情報誌『セブポット』を発行する会社社長の佐藤ひろこさん(36)宅を訪ねると、通いの家事手伝いであるメルナ・ビナベンテさん(51)と住み込みで働くベビーシッターのアイサ・バラサンさん(24)がいた。ビナベンテさんは数十年のキャリアがある大ベテラン。日本人家庭での勤務が長く、和食も得意。焼売・とんかつ・茶碗蒸し……どれもおいしい。メイドの月給の相場は衣食住付きで3000~3500ペソ(約8200~9600円)ほどからだが、「6000ペソ以下では引き受けない」。プロとして技術に誇りを持っていることが窺える。尚、一般的な工場労働者の月給は10000ペソほどだ。女手1つで3人の子供も育て上げた。シッターのバラサンさんは山間部の農家出身。19歳の時、都会のセブシティーに出てきてこの仕事を始めた。両親に仕送りを続ける孝行娘。将来の希望を尋ねると、「好きな仕事だからずっと続けていきたい」と微笑む。バラサンさんは独身だが、子供がいるメイドが田舎から都市部に出て住み込みで働く場合、家族や親族が故郷に残した子供の面倒を見るという。「メイドの彼女たち自身も働く女性」(佐藤さん)だ。

「フィリピン女性は、日本人女性よりも“仕事人間”なのか?」――そんなことを考えながら取材をしていたら、フィリピン人男性と結婚し、マニラで中学生の1人娘(12)と3人で暮らすアビオン妙さん(47)から意外な答えが返ってきた。「フィリピン人にとって一番大切なのは家族。仕事は二の次です」。家族が体調を崩したら迷わず帰宅。そんな時に職場に残っていると“冷たい人”と見られ、社内の評価が寧ろ下がるという。でも、家事や子供の世話を人に任せていながら“家族が大切”とはどういうことか? どうやら、愛情の示し方が違うらしい。日本の母親は手作り弁当・手縫いの雑巾等の手仕事に心を込める。これに対し、フィリピンの母親はお喋りをしたり一緒に出かけたりと、楽しい時間を共に過ごすことを重視する。「クオリティータイムを過ごす」――アビオンさんはそんな表現を使って説明してくれた。彼女も、現地のコンサルティング会社の社長として多忙な身。子育てには、やはりシッターの助けを借りた。同僚の夫と夫婦揃って海外に出張することも頻繁にあるが、「罪悪感は無い」。近隣の家庭も似たような状況なので、子供も違和感を覚えたりしないという。「日本ではそうはいかない。日本にいたら、子供を産むか迷ったかもしれない」。取材を終えて東京に戻ると、9月に出産予定日を迎える会社員の友人が「保育所を探すのが大変」と顔を曇らせていた。区の認可保育所に入るのは先ず難しいという。フィリピンの女性がメイドに頼ることができるのは、国内の所得水準に大きな格差があることとも無関係ではない。多数の低所得の労働者がメイドの供給源になっている。それでも、仕事と家庭の両立に苦しむ日本の女性へのヒントは数多い。家事や育児から少し手を放すことも、選択肢の1つではないか? 女性が輝く国、フィリピンが眩しく感じられた。 (木寺もも子)

               ◇

「ハロー」。日曜日の午前9時、ワーキングマザーの土井甲子さん(31)が玄関の戸を開けると、フィリピン人女性が笑顔で立っていた。家事代行のマッチングサイト『タスカジ』で頼んだハウスキーパーのロドラ(39)さんだ。彼女は早速掃除に取りかかる。掃除機をかけ、床を拭き、風呂場を洗う。ずっと汚れが気になっていた部屋の隅もすっかり綺麗になっていく。その間、土井さんは2歳の長男と遊んで過ごす。今までは家事に取られていた日曜日の朝が、子供と触れ合う時間に変わった。土井さんは大学卒業後にPR会社に勤め、出産を機に仕事を辞めた。その後、「もう一度仕事がしたい」と医療シンクタンクに再就職。今は正社員として事業開発を任されている。育児との両立は大変だ。夕方、保育園に息子を迎えに行き、帰宅後、夕食の支度に取りかかる。仕事の電話が来れば、携帯電話を片手にフライパンを振る。外資系証券会社に勤める夫は家事や育児に協力的だが、帰宅は頻繁に深夜になる。フルタイムで働く平日に家事を熟す余裕は無く、週末が来る度に掃除や洗濯に追われ、子供と触れ合う時間は奪われていく。「もうダメ」――肉体的にも精神的も追い込まれた時、家事代行サービスに目が留まった。『タスカジ』の仕組みは、通常の家事代行サービスとは異なる。自社で抱えるハウスキーパーを派遣するのではなく、飽く迄も利用者とハウスキーパー希望者をマッチングするサービスだ。料金は1時間1500円からと、一般的な家事代行の半額程度。サイト上の口コミ情報でハウスキーパーの評判を確認し、「この人なら」と思う人に申し込む。運営する『ブランニュウスタイル』(東京都)の和田幸子社長(39)は、元『富士通』のシステムエンジニアだ。「自分が育児をしながら仕事を続ける為に、家事代行が必要だった」。ところが、手頃な家事代行サービスが無いことに気づく。「困っているなら当事者が立ち上がり、解決したらいい」と自らが起業し、昨年7月にサービスを始めた。

利用者は約1500人まで増えた。登録するハウスキーパーは日本人もいるが、7割以上が外国人。日本の永住権を持っていたり、日本に留学しているフィリピン人が中心だ。土井さん宅に来たロドラさんも夫が日本人で、日本の永住権を持つ。小学6年生の娘がいて、家事が得意だ。「時間に融通が利くから」とハウスキーパーの仕事を始めた。和田社長は、「ハウスキーパーという生活のパートナーを見つけ、子供と過ごす時間を増やしてほしい」と話す。土井さん宅では、掃除や片付けを終えたロドラさんが家を後にする。「バイバイ」。笑顔の息子とハイタッチした。土井さんも、最初は他人を家に上げることや家事を任せることへの抵抗感があったが、頼んで良かったと思う。そして、「子供が英語に触れ合ういい機会」と、日本人ではなくフィリピン人に頼んだことも正解だった。「家事をお願いするだけで、こんなにも状況が変わるなんて」――これからも、時々利用するつもりという。子供との時間を大切にするために。 (小川望)


≡日本経済新聞 2015年6月26日付掲載≡


スポンサーサイト

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR