【イスラエルのガザ攻撃から1年】(上) 進まない住宅再建とイスラエルの経済封鎖

2014年7月から8月末まで51日続いた、イスラエルに依るパレスチナ自治区ガザ攻撃から1年が過ぎた。2200人以上のパレスチナ人が死に、全壊1万戸を含む2万戸以上の住宅が損傷を受けた。8月下旬にガザに入り、現地を見た。自治区はイスラエルに依る経済封鎖が続き、建設物資の搬入が制限されている為、1年経っても生活の基盤である住宅の再建は殆ど進んでいない。自治区で最も大きな被害を受けたガザ市東部のシュジャーイヤ地区では、無残な廃墟が続いている。全壊の家の再建が一部始まったものの、殆ど手つかずだ。その中に張られたテントを訪ねると、無職のニダル・アライルさん(39)が4歳から11歳までの5人の子供と妻と住んでいるという。テントがあった場所には3階建ての住宅ビル3棟が建ち、アライルさんの姉弟や従兄弟等53人が住んでいた。しかし、イスラエルの攻撃開始から10日後に始まった地上部隊の侵攻で、アライル家の家は戦車の砲撃と空爆に依る爆弾投下に依って、3棟とも全壊した。「家を借りれば、月に400ドルから500ドルする。そんなお金は無い」と言い切る。失業中でもある。住宅再建についてはガザの国連事務所に登録したが、「いつになるかわからない」という。「家族で稼いで家を建てて、自分の城ができたと思ったら、それが一晩で消えてしまった。何も残っていない。絶望しかない」とアライルさんは語った。

アライルさんのテントに、友人でガザ北部のベイトハヌーンに住む建設労働者のシャウキ・アウクルさん(50)が遊びに来ていた。アウクルさんは、2008年末から翌2009年1月半ばまで20日間続いたイスラエル軍の最初のガザ攻撃に依って、家を破壊された。未だに再建されておらず、家族8人が自分の土地に作ったバラックに住んでいるという。「1年ほど借家に住んだが、家賃が払えなくなって、今はバラックだ。家の再建は遅れていて、いつになるかわからない」と語った。6年前に破壊された住宅が未だに再建されていないという話は驚きだった。ガザ市の東南にあるカラーラ地区で農業を営んでいるスレイマン・ハミスさん(40)は、2014年7月にイスラエル軍に家を破壊された後、月400ドルのアパートの部屋を借りて住んでいた。しかし、今年7月に借家を出て、自分の土地にコンクリートブロックを積んだバラックを約35万円で建てて、住み始めた。「全て自分の金だ。借家は狭くて陽も差さないし、風も通らず、息が詰まりそうだった」と語った。カラーラ地区はイスラエルとの境界に近い為、イスラエル軍の侵攻で攻撃の標的となった。ハミスさんの家の脇にはオリーブの木を植えていた農園があったが、イスラエル軍がブルドーザーでオリーブを根こそぎにした。「樹齢50年のオリーブの木が100本ほどあったが、今、残っているのは10本以下だ。オリーブで年に1000ドルの収入があったのに」と語った。




ガザ北部にあるベイトハヌーン地区は、2014年の攻撃でも大きな被害を受けた。地区のあちこちにコンテナ型の簡易住居が並ぶ避難所がある。ここに、ガザ市にある『アトファルナ聾学校』の支援を受けている耳の不自由なイブラヒム・アベドさん(45)の一家が住んでいる。この聾学校は、日本のNGO『パレスチナ子どもキャンペーン』が25年前から活動を支援しており、2014年のガザ攻撃では聾学校を通じて、家を失った避難民への食糧提供等の“緊急支援”を行った。アベドさんは、子供10人に夫婦の計12人が2部屋に分かれて住む。2014年の攻撃で家を失い、学校で避難生活をしていたが、3ヵ月前に学校から出るように言われて、コンテナ住宅に移ったという。20㎡ほどの部屋には、天井まで寝具が積み上げられている。「風が入らず、暑くて眠れないから、男の子は外で寝ている」と母親のアマルさん(40)が言う。住宅再建の見通しは立たず、避難所生活がいつ終わるかの目途も立たない。ガザで生活の基盤である住宅の再建が進まない背景には、イスラム政治組織『ハマス』がガザを支配した2007年から続くイスラエルに依る封鎖がある。建設資材の搬入にも、厳しい制限と規制がかかっている。2013年夏以降、エジプトでハマスの系列組織でもあるエジプトの『ムスリム同胞団』出身のムルシ大統領が軍のクーデターで排除され、その後、軍を背景としたシーシ政権が出来た。シーシ政権は、ムルシ前政権と協力関係にあったハマス政権を敵視する政策を採り、封鎖下のガザの物資搬入の経路となっているエジプトとの間の地下トンネルを破壊、閉鎖した。このことに依る影響も大きい。イスラエルの封鎖と南部のトンネルの破壊に依って建設資材が入らず、ガザの復興が遅れていることは明らかだったが、実際に再建はどのように進んでいるのかを聞く為、ガザの都市計画の専門家に話を聞いた。


川上泰徳(かわかみ・やすのり) フリージャーナリスト。1956年、長崎県生まれ。大阪外国語大学(現在の大阪大学外国語学部)アラビア語科卒業後、1981年に朝日新聞社入社。学芸部を経てエルサレム支局長・中東アフリカ総局長・編集委員・論説委員・機動特派員等を歴任。2015年1月に退職してフリーに。著書に『イラク零年 朝日新聞特派員の報告』(朝日新聞社)・『現地発エジプト革命 中東民主化のゆくえ』(岩波ブックレット)・『イスラムを生きる人びと 伝統と“革命”のあいだで』(岩波書店)等。


キャプチャ  2015年9月9日付掲載


スポンサーサイト

テーマ : 中東情勢
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR