【公明党・創価学会よどこへ行く】(01) 公明党に“身内”の波乱…存在感無き安保歯止め役、学会員からも疑問の声

SGI 01
安全保障関連法案の審議が大詰めを迎えている。与党は9月16日にも参議院特別委員会で可決し、16・17日での参議院本会議での可決・成立を目指している。近く成立するのは確実な情勢だ。だが、法案に対する反対論は根強い。共同通信が8月14・15日の両日に実施した全国電話世論調査に依ると、安保法案の今国会成立に反対は62.4%、賛成は29.2%。他のメディアの世論調査でも、概ね6割以上が反対している。憲法学者を中心に専門家からは“違憲法案”の指摘が相次いでいる。国会審議を通じて見えてきたのは、この法案の生煮え感だ。安倍晋三首相だけでなく、安全保障法制担当の中谷元大臣の答弁も二転三転、暫し迷走した。安倍首相が法案が必要な理由として盛んに例示していた中東・ホルムズ海峡での機雷除去は、「現実問題として、発生を具体的に想定していない」(首相の国会答弁)に変わってしまった。国民が不思議に感じるのは、公明党の姿勢だろう。公明党の山口那津男代表は、「最後まで丁寧な説明をしたい」と話すばかりで、法案を成立させることが大前提になっている。元々、公明党は集団的自衛権には慎重だった。自民党との協議で自衛権発動の新3要件を決め、国民の権利が根底から覆される“明白な危険”がある場合とした。自衛隊に依る他国軍の後方支援には、国会の例外無き事前承認が必要とした。その功績は大きいが、それでも安保法案は行使の要件について曖昧さが残る。立憲主義の観点からも問題がある。にも拘らず、安倍政権の“ブレーキ役”を自認していた筈の公明党は無策だ。

そんな状態に業を煮やし、公明党の支持母体『創価学会』の会員でありながら、安保法案反対の運動をする人がいる。愛知県安城市の農業・天野達志さん(51)だ。学会員2世だ。「武力で平和を築こうとするのは、学会の教えに反する」と2015年6月末、“ひとりの学会員”というアカウントを作り、ツイッターで発信を始めた。7月末、本名と住所を明かしたウェブサイトを開設。“法案の白紙撤回”“公明党が平和の党に立ち返ること”を求め、学会員かどうかを問わず署名を集めた。安保法案反対で最多の参加者があった8月30日の国会周辺デモにも、天野さんの姿があった。小雨の中、学会のシンボルである“三色旗”や三色旗を模したプラカードを掲げ、“法案撤回”を呼びかけた。ツイッターで予告したこともあって、首都圏の学会員が10人以上参加した。互いに知らない者同士だ。これまでに集まった署名は約9000人分。9月11日、公明党本部に届けたが、党本部職員が直接受け取るかどうかで一悶着あり、それだけで4日も費やしてしまった。天野さんは反対運動を始める前まで、安保法案について公明党が主張するように適正な歯止めがあると考えていた。学会員は、公明党の政策についてDVD等で学習する機会が幾度もある。ところが、2015年6月の衆議院憲法審査会で憲法学者が違憲の表明をしたのをきっかけに、疑問を抱くようになった。「党が言っていることは違うんじゃないか?」――自分なりに勉強し、問題点を認識した。熱心な学会員である天野さんは、「池田大作先生(創価学会名誉会長)は、武力に依る抑止力も集団的自衛権も否定されている。法案は、仏法の“生命尊厳”の思想に反する」と考える。天野さんの元には、名前を出して声を上げられない学会員から「頑張って下さい」「自分も反対だけど、学会内の上の意向には逆らえない」という声が沢山届いている。




SGI 02
公明党に所属する町議会議員でありながら、2014年6月、集団的自衛権行使容認に反対する意見書を町議会で採択させた中心人物が、愛知県武豊町の本村強さん(62)だ。「集団的自衛権の行使は違憲。行使すれば、必ず外国の攻撃の的になる」と考え、共産党町議と協力しながら他の会派を説得し、意見書を僅差で採択させた。だが、代償も大きかった。9月に離党届を出し、2015年4月の町議選では無所属で立候補した。地元の学会関係者から「あなた個人の票は得票の2%」と言われたが、3選を果たした。本村さんも学会員2世。ただし、入会したのは28歳。それまでは、両親の勧めがあっても断っていた。だが、学会の教えや日頃の活動を知るに連れ、「この宗教は信じられる」と確信するようになった。党には反旗を翻したが、学会の方針に直接“異議”を唱えた訳ではない。だから今も学会員だが、学会の行事には一切呼ばれなくなり、学会の仲間との交流は絶たれた。テレビや新聞・雑誌記事で本村さんの活動を知った全国の学会員からは、メールや手紙が来ている。そうした声は、本村さんの励みとなっている。公明党が金看板としていた“平和の党”。その足元で、小さな反乱が起きている。鉄の結束を誇る創価学会の末端から、公明党の方針に異論が出るのは極めて異例だ。次回から、与党・公明党の功罪を点検する。


キャプチャ  2015年9月26日号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 創価学会・公明党
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR