【日曜に想う】 本土と沖縄、本当の壁

今年8月24日午前0時45分頃、神奈川県相模原市のアメリカ軍補給廠から火柱が上がった。アメリカ軍消防から車両3台と8人が出動、市消防からもポンプ車や化学車14台と51人が駆けつけた。装備も人員も市消防が勝る。だが、アメリカ軍との取り決めで市消防は軍の指揮下に入らざるを得ない。軍の指示は、「保管物が判明するまで放水は待て」。放水開始は午前6時56分だった。補給廠監視グループ代表の沢田政司さん(63)は当夜、サイレン音を聞いて現場へ走った。「折角、臨場した市消防が朝まで放水できない。可笑しいと思いませんか?」。沖縄県内では、事件や事故の際に立ちはだかるアメリカ軍の壁が格段に高い。11年前の夏、沖縄国際大学構内にヘリコプターが墜落した事故では、機体に近づこうとする警察や消防をアメリカ軍が阻んだ。同大の前泊博盛教授(54)は当時、琉球新報の記者だった。「警察や消防だけでなく、県・市の職員や記者にも屈辱でした。海兵隊員たちの尊大な態度に、日米地位協定の本性が見えました」。研究室の眼下に輸送機『オスプレイ』が見える。事故の多さに不安が高まった3年前、時の野田佳彦首相は「アメリカ政府の方針。日本がどうしろこうしろと言う話ではない」と発言した。「あれこそ日本の現実です」と前泊氏は言う。「沖縄だけじゃない。地位協定と特例法で、アメリカ軍は日本の航空法の主な規制を免除される。オスプレイは沖縄でも本土でも超低空を飛べる。東京大学構内に落ちても、アメリカ軍は警視庁や東京消防庁を追い払えるのです」

広く知られている通り、アメリカ軍が日本の法規に縛られない状態は占領期に遡る。アメリカ軍は、占領終結後も特権の多くを持ち続けた。日本側にも駐留継続を望んだ人が大勢いたからだ。関西学院大学の豊下楢彦元教授(70)の研究に依れば、昭和天皇もその1人だった。昨年刊行された『昭和天皇実録』が言及したアメリカ側報告書に依ると、昭和天皇は沖縄駐留について「25年乃至50年、或いはそれ以上の長期」を求めた。訪米する外相に向かって「アメリカ軍撤退は不可なり」と、態々念を押されたことを示す手記などもある。何の為か? 豊下氏に依ると、1つはソ連等の共産勢力への恐れ。日本でクーデターが起きれば天皇制は覆されると考えた。もう1つは軍部復活への不安。戦中の不信もあって、「いつか刃を自分に向ける」と警戒した。「象徴天皇として生きながら、危機が迫れば元首の如く外交に乗り出す。研究すればするほど、そのリアリストぶりに魅せられました」。現実の駐留政策に天皇の意図がどれほど反映されたかは知る由もない。長い駐留を願う声は各界各層にあった。ただ、アメリカ軍にすればそうした声は渡りに船だった。日本からの早期撤収を訴える国務省を退け、占領終結後も粗望み通りに占領状態を継続した。




国外で取材する度に痛感することだが、沖縄の重い現実は海外では悲しいほど知られていない。東京をぐるりと囲むアメリカ軍の存在は更に知られていない。基地被害を説明すると、「何故、日本人は黙っているのか?」と問い返される。「君ら東京の記者が政府寄り過ぎるからだ」と言われたこともある。放水できない消防・捜査できない警察・オスプレイ配備に何も言えない首相――属国か属領の如く扱われる点では、本土と沖縄に違いはない。翁長雄志知事は先月末、国連人権理事会で沖縄の基地問題を訴えた。沖縄の人権が歪められてきたのは紛れも無い事実である。同時に、日本の主権も歪められたまま70年が過ぎた。基地の齎す同根の苦難を思えば、いっそのこと官房長官と知事が肩を並べて国連に訴え出ても可笑しくはなかった。菅義偉官房長官は翁長知事の国連スピーチを批判した。「国際社会で理解されない。強い違和感を覚える」。その発言に、私は強い違和感を覚える。 (特別編集委員 山中季広)


≡朝日新聞 2015年10月4日付掲載≡


スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR